読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンサーが悟る この世の中というもの・・・。

ダンサーはいい人が9割5分です。 嘘じゃないです。

ダンスの専門学校でブレイクダンスを。

  将来はダンスで生計を立てたい! 

 

ダンスの専門学校に入ろうと決心しました。

 

  学校に入れば、嫌でもダンスを踊られなきゃいけなくなる  

 

26歳にしてダンス専門学校に入学したんです

 

周りは高校を卒業したばかりの18歳の若者達。21あたりが 一番僕と歳が近くて

僕1人だけ26歳のおっさんでした笑

 

先輩も全員年下。

 

インストラクターの横にいるアシスタントの人も僕より年下で、あっという間に

羞恥心の塊になったわけです

 

 

 

 

まぁ、先に結末を言うと 

      

     1年間通って辞めてしまいました

 

辞めたのには色々と理由があるんですけど・・・。

 

とりあえず、1年間専門学校でどういったことを学んだか書いていこうと思います

 

  1.  入学から夏休みまで・・・。

入学してすぐに、同級生と親睦を深めるために「新入生合宿」にいきました。

 

僕が入った専門学校は、ダンスだけじゃなく、音楽 音響 の専攻があり、

全体で250人くらいの生徒数で、その内ダンス専攻は21人しかいませんでした。

 

男女比率が丁度 7:3

 

合宿では特になにをしたというわけでもなく、飯食って帰っただけで拍子抜け

 

そして授業が始まり、先生に個人の目標

 

japan dance delight (日本で一番でかいダンスの大会)に出たい!」

 

とか

 

EXILEになりたい!」

 

とか、みんなでかい夢を言っていました。

 

僕は特にこれだ!というのがなかったので

 

「USJのバックダンサーになりたいです! ダンスで生計をたてたいです!」

 

とか言ったと思います^^;

 

学校に入る前は、

好きなダンスを踊っていればいいだけやろ?めっちゃ楽やん!」

 

とか余裕をかましていたのですが、授業が始まり出して、1か月くらいしてくると

毎日踊っているので、全然疲れが取れないんです!笑

 

1コマ1時間30分のレッスンを、1日2,3コマくらいなんですけど

 

日を重ねるごとに疲労が徐々にそして確実に溜まっていき、しかもバイトしながら

なので、風呂に入って寝ても 次の日がめちゃくちゃダルい・・・。

 

ストリートダンスって思ってるよりはるかにキツいものなんやなぁと実感しました。

 

「ダンス レッスン」の画像検索結果

 

まぁ、ダンスやってる人っていい人が多いんですけど

 

価値観の違いとかから、衝突することがあったんですよ。

 

発表会に出すための「ユニゾン」という、クラスで曲や振りを作り、1つの作品を作る

授業がありまして

 

その授業で 険悪なムードになって喧嘩になることもあり、精神的に一番こたえた

f:id:freedomhandspin:20170503230103p:plain

 

その間に5月に「OLD SKOOL NIGHT(これまた日本で一番でかい大会」

 

7月に「JAPAN DANCE DELIGHT

 

を学校行事で観に行きました。

 

日本の頂点のダンサーは世界でも有名な人が多く、いつもyoutubeで観ていた人達の

ダンスを目の前で見れたのはすごく嬉しかったですね^^b

 

授業の方は、とにかく毎回振りを思えるのにめちゃくちゃ苦労しました。

 

覚えられない人は置いていかれますから・・・

 

 

同級生とは1か月もすればほぼ全員と話せるようになったのですが、

 

先輩とは夏休みまで、誰1人と喋れませんでした(人見知りなので)

 

 

僕はブレイクしかやってこなかったので、他のジャンルは全くの初心者だったんです。

 

だから、自分のダンス力に自信が持てなかったんです

 

練習の方法には色々とありまして、1人で鏡に向かって踊るだけじゃなく

 

仲間と円を囲んで踊る  

           サイファー(バトルの練習)

 

f:id:freedomhandspin:20170503231507p:plain

 

              バトル 

 

f:id:freedomhandspin:20170503231640p:plain

 

があるんですが、自分に自信が持てず、先輩や同級生達のバトル練習に

参加しませんでした。

 

まぁ最年長ということもあり、周りとそこまで仲良くなれなかったのもあり、

昼飯は学校の近くのデパートのフードコートで1人で食事をすることが多かったです。

 

クラスの子がふざけてスタジオの鏡を割ったり、レッスンについていけずに泣く子

がいたり、先生にため口きいてキレられる小僧がいたり

 

なんやかんやしてるうちにあっというまに月日は流れていき、とうとう夏休みに

なりました!

                              つづく